アイビーグループ
このサイトでは、男子バレーを応援する会の活動についてお知らせしています。
男子バレーを応援する会

あと1点届かず!! 悲願の1部昇格ならず。

2018.10.28 更新
10月27日(土)に行われました、秋季リーグ入替戦、慶應義塾大学との試合結果を報告いたします。

青山学院大学vs慶応義塾大学
セットカウント2-3 敗北

1セット目 20-25
田島(S)・中道(WS)・中西(MB)・薬師寺(OP)・安田(WS)・萱野(MB)
L長田
萱野→青山(PS)

2セット目 14-25
田島(S)・中道(WS)・中西(MB)・小田島(OP)・中道(WS)・薬師寺(MB)
L 長田
田島→望月(S)

3セット目 26-24
望月(S)・中道(WS)・中西(MB)・小田島(OP)・安田(WS)・薬師寺(MB)
L長田
中西→青山(PS)

4セット目 25-18
望月(S)・中道(WS)・中西(MB)・小田島(OP)・安田(WS)・薬師寺(MB)
L長田
望月→渡辺(OP)

5セット目 15-17
望月(S)・中道(WS)・中西(MB)・小田島(OP)・安田(WS)・薬師寺(MB)
L長田
中西→青山(PS)

【戦評】
・1セット目
1本目から中西のクイックがブロックされたこのセットはチームのエンジンがかかっていなくて、勿体無いミスが多かったり、高いとこからのフェイントを足を動かして取ることができず常に追う形になってしまった。15-20で薬師寺のバックアタックで反則がありタイムを取って立て直そうとしたが、中盤に離された点差を詰めることができず、20-25で1セット目を落とした。

・2セット目
田島のサーブミスで始まったこのセットは、サーブレシーブはいいものの、相手の高いブロックに止められ続けた上にブロックフォローもできずボールを繋ぐことができていなかった。
中盤、6-10からの4連続、7-14からの5連続失点と点数を離され続け13-24ではノータッチレセプミス、何もすることができず14-25で2セット目も落としてしまった。

・3セット目
もう後がない追い詰められた状況でセッターを2セット目から途中出場の望月に交代。
中盤までシーソーゲームが続いたが、途中から相手のサウスポーを拾え始めたり、中道の調子が上がってきて12-14からの4連続得点で逆転に成功。
その後、薬師寺、望月とサーブミスが続き点差を広げることはできなかったが、20点以降は安田が技を駆使して決めていき、26-24で3セット目を奪取することができた。

・4セット目
中道のブロックポイントではじめから勢いにのった青学は、4-2中道からのトスで中西クイック決定、5-2中西サービスエースと更に流れを掴むことができた。
このセットは相手のミスが多かった事もあったが、薬師寺の調子も戻ってきて、21-16望月、24-18安田がブロックを決めるなど良い形で試合を進めることができた。25-18で4セット目奪取。

・5セット目
フルセットになったら、あとはミスをしない方が勝つ、気持ち次第の戦いだった。
小田島、長田の一年生コンビは、よく決めてよく拾いよくチームを盛り上げくれていた。
9-7では中道がブロックを決めリードを守りながら試合が進んだが、13-11でピンチサーバーとして交代した青山がサーブミス、13-12と詰められてしまった。先にマッチポイントを取ったもののそこから相手の攻撃を止めることができず、デュースに追いつかれ15-15ではこちらのレセプミスからのダイレクトを決められ相手に勢いをつけさせて
しまった。最後は相手の攻撃を拾えず15-17、セットカウント2-3敗北。

応援ありがとうございました。
選手たちが本気で頑張る姿をいつも1番近くで見ていたからこそ本当に悔しい試合でした。
ただ、誰もが最後勝てると思った中で、勝てなかったというのは私達にまだ足りない部分が多いからなんだと思います。
ここで折れずに前を向ければ私達はもっと強いチームになれるはずなので、これから全カレ、春季に向けて頑張ります。
これからも青山学院大学男子バレーボール部を宜しくお願い致します。

※無断転載は固くお断りいたします。
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園