アイビーグループ
このサイトでは、青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会の活動についてお知らせしています。
青山学院大学体育会ラクロス部OB(OG)会

21年度 幹事会 22/1月結果

2022.01.21 更新
皆様

幹事会結果は以下の通りです

日時:2022/1/20 20:00〜22:06
参加者
現役:蔵本、行川、笠井、石田、岩佐、前田
幹事会:温湯、竹花、松延、青木、安本、中村、是永(文責) 

■アジェンダ・議事録・決定事項など
第一部 (現役生&幹事会メンバー)
1、32期への自動引き落とし等について
→5月末をターゲットに蔵本さん・笠井さんから全体に案内を行う。(学生のうちは社会人になった後の収支が不明のため社会人になってから自動引き落としの案内を行う)

2、32期へのOB会参加やメーリス登録などの説明について
→OB会への入会について特に書式などはない。メーリス登録は行っておらず、連絡先の入手などは対策が必要。幹事会で検討要。Lineオープンチャットができているようなので、OBへのメールに添付するなど周知する

3、2022年度のチーム体制等の報告
→新主将石田さんと主務前田さんからご挨拶あり。新チームは新型コロナの影響で1月中にスタートできず、2月練習開始の予定だが大学からの開始指示を待っている


第二部(幹事会メンバー)

要対応事項:1)OB会費依頼メール文案の作成(青木、是永)2)会計後任者との引継ぎの橋渡しを行う(松延)3)2021年度の予算進捗を作成し幹事会へシェア(安本)

■決定事項:
1)OB幹事会は毎月第3木曜日に開催
2)OB総会は6月11日(土)開催予定

■議事録
1、2021年度残タスク確認(OB会、現役、学校関係):資金確保呼びかけ、OB戦、卒業生対応、新歓サポート(要否)
→温湯さんが一般社団法人体育会OBOG連合会の理事に他部推薦の下で立候補予定。青学ラクロス部OB会とは異なる位置付けでOB連合会へ参加
→OB戦開催対応事項は幹事会として特になし(コロナ禍で開催されるか否か不明)

2、2021年度予算経過の確認
→安本さんより2021年度予算進捗について説明。支出60万円に対しで赤字となる見込み。また新チームより2022年度は40万円支援要望あり
→2021年度の会費確保のためメール、Facebook、HP、オープンチャットにより会費支払いの要請メッセージを発信し、各幹事会メンバーが近くの代へ会費支払いの依頼をする。要請メッセージは青木さんと是永で作成し2月4日までに発信

→OB会費の予算決定時期と現役の予算策定時期が大きくずれている。(前者は6月の総会、後者は新チーム発足の1月)2023年度の予算決定プロセスから現役の予算策定時期に合わせた運用を行う準備を行う。具体的には会則の変更、現実的な予算策定および承認スケジュール作り。なお、今年度はこれまで通り6月の総会で予算を決定する。それまでは幹事会は現役と適宜コミュニケーションを取り支援費の規模や時期などのニーズを把握してその都度、実現可能性について幹事会で検討する

3、OB会新体制構築について
→負担の多い会計について浦野さんともう1人を安本さんの後任とする。松延さんから2人と安本さんへ連絡を行い引き継ぎを開始する目処をつける

4、2022年度施策検討(MTGペース、主要スケジュール、目玉の施策検討等)
→幹事会は毎月第三木曜日とする。(2/17、3/17、4/21、5/19、6/16、以降TBD)
→OB総会は6月11日(土)とする。
→タツオさんが問題提起してくださった、メールアドレスが機能してないOBが多いため連絡先のアップデートを行う。また、OB会費の支払時期が不明確でいつまでに支払わなければいけないというインセンティブがなく支払われないケースがある、という件について対応を検討する

5、松延さんからアップデート
→12月の現役報告会はOB幹事会といえども参加人数が少ないため、出欠を取るなど参加人数を増やす対策が必要。一方で、家族都合で参加できないO Bもいるので録画や発表資料(PPT、PDF)をアーカイブスを作り、メールなど様々な手段で配信して現役の考えと触れる機会を多く作ることも行う

以上
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園