青山学院37万人の交友によるコミュニケーションを大切にします-青山学院校友会-
青山学院校友会とは

賛助会費 ご協力のお願い

賛助会費とは

青山学院校友会は活動予算の中から、毎年1,000万円を返済の必要がない給付型奨学金として経済的困窮を抱える学生・生徒に給付してその学業を支えています。

問題はその予算の源泉にあります。校友会はご承知の通り校友の皆さまからは年会費を一切いただいておりません。校友会の活動予算は全ての学生・生徒が卒業時(大学は入学時)に学校窓口を通して収める入会金です。そしてこの入会金すなわち学生の資金の一部を校友会が困窮する学生に給付しているのが実情です。学生の納入金が校友会を経由して現役学生に渡るこの資金の流れでは、財務処理において学生→校友会→学生という迂回の問題が内包されるため望ましい形態とは言えず、変革を図る必要性が指摘されてきました。

そこで校友会の改善案として、従来の入会金収入は「母校への貢献」と「校友親睦の諸活動」に専ら使途し、毎年給付している奨学金については学生からの入会金を原資とせず、校友の厚志を直接に賛助会費として募り、この全てを給付型奨学金の原資とする仕組みを構築する意図で2016年に「校友会賛助金制度」をスタートさせました。従って校友会はこの方針を結実させるため賛助会費を皆様に毎年お願いしていく予定です。奨学金を校友→校友会→学生の流れに替え、卒業生が現役奨学生を直接支えていく「賛助会費の趣旨」をぜひご理解いただき、学院の万代基金の募金と共に、たとえ少額でも皆様の心有るご協力をお願い申し上げます。

  • 「賛助会費」納入の有無により会員資格に影響はございません。
  • 随時募集します。
  • 税制上の控除対象ではございません。

賛助会費 納入方法のご案内

  • お一人一口2,000円以上から受け付けております。
  • 納入方法
    • 郵便局でのお振込み(払込手数料はかかりません)
      口座番号
      00180-8-704987
      加入者名
      青山学院校友会

      ※ご本人様確認のため、払込取扱票の通信欄に以下①②をご記入ください。

      1. ①生年月日 ②学院での最終学歴と卒業年月
        • (例1)1956年7月8日生、高等部1975年3月卒
        • (例2)1956年7月8日生、大学文学部英米文学科1979年3月卒 ※大学・女子短期大学の場合は学部学科・研究科までご記入ください
    • Web納入サイトからのクレジット決済(決済手数料はかかりません)

      賛助会費の
      納入手続きはこちらから

PageTop
青山学院の今年度の主題聖句
青山学院の今年度の主題聖句
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

青山学院校友会
Facebookページ

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園
青山学院交友会本部
Copyright (C) 2002- Aoyama Gakuin Alumni Association. All Rights Reserved.