支部
このサイトでは、京都支部の活動についてお知らせしています。
京都支部

京都支部 吉例顔見世観劇ご報告(2019年12月12日)

2020.02.19 更新
京都支部 吉例顔見世観劇

開催日:令和元年(2018年)12月12日(木)
訪問先: 祇園四条「南座」
参加者:18名

 今年の師走の東西合同 吉例顔見世大歌舞伎の観劇(昼の部)では、中村梅玉丈が演目第二の舞踏、戻籠色相肩(もどりかごいろにあいかた)の浪花の次郎作実は石川五右衛門役で好演されました。この作品は京の紫野が舞台で、そこに、梅玉丈の部屋子で新たに梅玉丈の養子となる梅丸改め中村莟玉(かんぎょく)が可愛い禿(かむろ)たより役で登場、こちらも何とも軽やかな踊りで好演。劇中で梅玉丈と莟玉の口上が披露されるなど、梅玉丈の親子共演で、とても目出度い舞台となりました。
 幕間に楽屋訪問した際も、梅玉丈とのお話の途中に、続きのお部屋から莟玉さんがお顔を見せて、親子一緒に、お話や記念写真に加わって下いました、こちらも嬉しい一幕でした。

 令和になって初の顔見世では、梅玉丈と莟玉親子のほか、仁左衛門・孝太郎・千之助の親・子・孫のほか、秀太郎・愛之助も親子共演するなど話題も豊かでした。
 今回も、一階舞台正面前列の良いお席で皆様と共に名演を観劇いたしました。
PageTop
  • 賛助会費納入サイト
  • 住所等変更手続
  • 校友会グリーンエリアご利用案内
  • 校友サロンのご紹介
  • イベント一覧

リンク

  • 青山学院オフィシャルサイト
  • 青山学院へのご支援をお考えの皆様へ
  • 宗教センターのご案内
  • 青山学院大学
  • 青山学院女子短期大学
  • 青山学院高等部
  • 青山学院中等部
  • 青山学院初等部
  • 青山学院幼稚園